協賛のCM、はじまりました。

成城補聴器フィッティングルームは、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が支援する、公益社団法人 ACジャパン(旧 社団法人 公共広告機構)の支援広告キャンペーンによる啓発活動に寄付を行い、協賛致しました。

マッチ60歳、聴力検査デビューします!「聞こえにくさ」を放っておくと、認知症やうつ病、社会的孤立、就業機会の喪失につながるから。
  • 内容
    • 近藤真彦(マッチ)さん出演の難聴啓発キャンペーン
  • 時期
    • 2024年7月1日(月)から1年間
  • 媒体
    • テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など全国のメディアにおいて放送・掲載予定

加齢による難聴は年を取れば誰にでも訪れる症状ですが、実は放っておくと認知症やうつ病などにも繋がる危険があります。特に身も心も若い今の50〜60代は自覚症状が無いこともあり、定期的な聴力検査は国民的な課題です。 そこで、ご自身も2024年に還暦を迎える現役アイドル近藤真彦さんから同世代に向けて、「聞こえにくさ」を感じたら聴力検査をと投げかけていただきました。コンサートのコール&レスポンスで聞こえにくさに気づくというユーモラスな演出も見どころです。

公益社団法人 ACジャパン 「往年のアイドル(支援キャンペーン)」より
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

これからも成城補聴器フィッティングルームは、耳鼻咽喉科の先生方の難聴啓発活動を支援して参ります。