成城補聴器の安心プラン ご自宅でおためし お貸出し補聴器

安心できる補聴器選びを、かんがえました。

成城補聴器では"これから補聴器を使ってみたい"とお考えのお客様の不安を無くしてからお買い求め頂きたいと考えました。

 

成城補聴器の安心プラン

ご自宅でお試し聴き 3ヶ月間 補聴器 無料お貸出し

いつもの環境で

補聴器を静かなお店でどれだけ試してみても、実際にご自宅で使ってみなければ、本当に役に立つのかは判らないですよね。

成城補聴器では聴力を測定し、最適に調整された補聴器をお貸し出し致します。お持ち帰り頂いて、ご自宅などの実際の環境でお試し頂けます。

安心してお買い求めを頂ける様に、テレビの音量や、ご家族との会話を通じて、補聴効果の体験をして頂くことが可能です。

お試し補聴器は3ヶ月間 無料

最新の研究では、補聴器の効果を最大に発揮するには「3ヶ月程度の訓練」が重要と説かれています(詳しくは店舗にてご説明申し上げます)。

そこで成城補聴器では、安心して3ヶ月間の補聴器 訓練をしていただける様に、無料による補聴器のお貸出しを実施しています。

また、安心して使い続けて頂ける様に、その間のご相談・調整・清掃・ランニングコスト(電池など)も、すべて無料です。

お試し中から「良い聴こえ」

成城補聴器では、耳掛け型補聴器の場合、装用なさる方のお耳の形状を忠実に再現した形状の耳栓=イヤモールド(オーダーメイド耳栓)を一緒に使わなければ、良い聴こえにならないと考えています。

イヤモールド (オーダーメイド耳栓) 良い聴こえ 成城補聴器原型仕様

イヤモールド(オーダーメイド耳栓)は、装用される方の耳型を採取し、オーダーメイドで製造するため、無料お貸出しの補聴器本体とは異なり「有償 2万円(税なし,2個,両耳分)」の製品です。

既製の閉じたシリコン耳栓では「自分の声の響き」「自分の声のこもり」等があり、同様に既製の穴の開いたシリコン耳栓ではハウリングや低い音が入り難く、「良い聴こえ」には至らないと、当店では考えております。

既製耳栓 成城補聴器ではおすすめ致しません

なぜならば、ヒトの外耳道はその多くの場合で2回 曲がり、その奥に鼓膜があるからです。

既製の耳栓ではどうしても外耳道の手前側に入れなければならず、その結果、音は長い管状の耳を反響しながら進まざるを得ません。

平たく細く、曲がりくねった外耳道の耳型。上方が鼓膜面、下方が外耳道外側です。丸い既製の耳栓ではピタリと合わず、良い聴こえになりません。
違う角度から。第二カーブのオーバーハング先に綺麗に、高効率で音を届けることが、成城補聴器原型仕様イヤモールドならば可能です。
深い耳型は、耳鼻咽喉科医師の指導の下、認定補聴器技能者の中でも特に高度な技術を持った職人しか採取できません。

成城補聴器では30年以上をかけ数千人の耳型採取、調整を経て、「既製の耳栓」が良い聴こえに繋がることは無いと、知見として認識しています。

成城補聴器での耳型採取の保管分の一部です。仕上がってきたオーダーメイド補聴器の確認に用います。

オーダーメイド耳あな型補聴器や、イヤモールドを用いた耳掛け型補聴器は「自声がこもる」「響く」といった印象をお持ちの方にこそ「成城補聴器 原型仕様」を用いた補聴器をおためし頂きたくご提案申し上げます。

一般的な浅目のイヤモールドとは異なり「成城補聴器 原型仕様イヤモールド」であれば、効率よく2回曲がりの先に補聴器で増幅した音を届けることが出来、且つ雑音元となる外耳道内の軟骨部を、振動させない様に抑えることが出来ます(*)

(*)
この考え方は、補聴器について造詣の深い耳鼻咽喉科の先生らが、1998年に発表をなされた方法です。デジタル補聴器の普及時期以前の検討ですが、20年以上が経過した今でも、考え方が素晴らしいと思います。音質もよく、装用感に優れているため(弊社は一般的な耳型採取に比べて深いとはいえ、先生の記録に比べると随分浅い耳型、装用ですが)製造上の指針としており、長年お客様に好評を博しています。補聴器の適正広告・表示ガイドラインのため、臨床データはサイト内に掲載出来ませんので、ご興味のあるかたはリンク先でご高覧をお願い申し上げます。

→ 外耳道型補聴器 (CIC) の臨床的検討 -Deep Canal型補聴器について-

結果「響き感、こもり感の少ない、良い聴こえ」と、大変多くの方々より好評を頂戴しております。高価なオプションではありますが、お貸出しであっても出来る限り「良い聴こえ」で、長くおためし頂きたいと成城補聴器では考えております。

是非「成城補聴器 原型仕様のイヤモールド」付きで、無料のお貸出し補聴器を、一度おためし下さいます様、お願い申し上げます。

イヤモールドの特徴

  1. 耳栓でしっかりと支える
    →補聴器がグラグラしない
  2. 補聴器本体を落としにくくなる
    →紛失し難くなる

成城補聴器 原型仕様 イヤモールド 特徴

  1. 音漏れ(ピーピー)し難い
    →音質低下を招くとされるハウリングキャンセラー機能をOFFに出来る、携帯電話等をそのまま耳に当てて使える
  2. しっかり密閉される
    →特に低い周波数の音(日本語の母音など)が減衰せず、反響音が少なく、鼓膜に直接・正確に伝えられる
  3. 透湿型ベント機能
    →音漏れを防ぎつつ、外耳道内の湿気を外に放出するため、耳内が衛生的に保たれる

成城補聴器の安心プラン まとめ


  1. 耳掛け型補聴器(成城補聴器 調整仕様)を、最大3ヶ月間の「無料」お貸し出しで、安心。
  2. 聴力の測定(補聴器を使わない聴こえ)を初めに行うから、安心。
  3. 補聴器の装用状態の確認(補聴器を使った聴こえ)は、購入時と同じ内容(最小可聴域値、快適レベル、ことばのききとり)をお渡し時に行うから、安心。
  4. 主観的な訴え、客観的なデータを基に、補聴効果が正しく発揮できていることを確認の上お渡しするから、安心。
  5. ご自宅で、普段お使いのテレビや、ご家族の声で実際に試すことが出来るから、安心。
  6. 使用中に消費する空気電池は、成城補聴器からの3ヶ月間無償供給なので、ランニングコスト=ゼロで、安心。
  7. 気になる音や聞こえ具合、イヤモールド形状の修正は、何度でも成城補聴器で調整が無料なので、安心。
  8. 購入前に国からの補助や、医療費控除の話しを詳しく確認出来るから、安心。

 

イヤモールドは耳の奥に音を導入するために必要な、オーダーメイド耳栓です。お貸し出し時に、耳型採取を行い、販売します。

両耳(2個)で2万円(税不要)です。

既製のシリコン耳栓とは異なり、硬質な素材で出来ているので劣化し難く、耳掛け型補聴器をしっかりと支えることが出来るため、紛失対策に有効です。

また、音漏れを防ぎ、直接音を鼓膜に多く伝えることが出来るため、成城補聴器特有の(デジタル機能を用いない)自然な音を再現する調整に必ず必要な品物です。

「単なる耳栓に片耳1万円か!」と感じられる方もおられると思います。

高価ですが、一度音の違いを体験いただければその良さをご理解頂けると思います。お貸し出しの補聴器とは異なり、お客様の持ち物ですので、貸し出し期間終了後にはお手元に残ります

仮に試聴後に、オーダーメイド耳あな型補聴器を購入された場合でも、修理お預かり時の代品(耳掛け型補聴器)には組み合わせてご使用頂けるため、安心です。

成城補聴器 安心プランで、無料貸し出し補聴器のおためしを!

お貸出し試聴器には数に限りがあります。
宜しければご一報の上、ご来店をお願い申し上げます。

お貸出し時の申込書は
→こちらからご覧いただけます。
 事前の確認で「安心」を。

成城補聴器フィッティングルーム
「安心プランで、無料貸し出し補聴器のおためし」
ご予約は↓こちらから↓から

TEL 03-3484-3236

FAX 03-3484-3205
Mail info@seijo-hochoki.co.jp